T.呼吸器疾患の分野

当院で漢方治療の対象としている呼吸器疾患を以下の表に示す。

 
漢方治療の対象になる呼吸器疾患

急性疾患

かぜ症候群,急性気管支炎,肺炎*

慢性疾患

慢性気管支炎,気管支拡張症,肺気腫,

間質性肺炎,肺線維症,塵肺

アレルギー疾患

アレルギー性鼻炎,気管支喘息

腫瘍

肺癌*

反復感染

かぜひき体質,反復性扁桃腺炎

心因性のもの

心因性の咳嗽, 呼吸器心身症

* この場合は、漢方を補助療法として使用する。

 急性呼吸器疾患であるかぜ症候群、急性気管支炎は漢方治療のよい対象となる。特に体力虚弱者におけるかぜやこじれたかぜなどに漢方治療は西洋医学治療以上の効果のあることがある。肺炎では漢方を補助療法として用い、マイコプラズマ肺炎に対する麻杏甘石湯の併用効果については既に日本東洋医学会で発表済みである。慢性気管支炎や気管支拡張症などの慢性呼吸器疾患、並びにアレルギー性鼻炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患に対しても漢方治療の効果が期待され、特に気管支喘息では良好な治療効果を得た。肺癌の場合は、漢方を補助療法として使用するが、反復感染及び心因性のものには漢方療法がよく適応する。

1.かぜ症候群の漢方治療

(1)証のとらえ方
 かぜは患者の体質・体調により様々な症状を現し、いろいろな経過をたどる。かぜの漢方治療は、患者の病状の経過、病位、病理、体質及び病態の経過すなわち「証」を把握し、『傷寒論』に基づいて治療する。
(2)かぜの漢方治療の原則

1)初期
 太陽病期(脈浮、頭痛、悪寒)で、汗がなく、実証の場合、「発汗」の適応になり、麻黄湯、葛根湯などの麻黄剤を中心に用いる。汗が出て、虚証の場合、「解肌」を目標として桂枝湯類を用いる。

2)亜急性期
少陽病期(咽乾、悪寒と発熱が交互に出現したり季肋部の苦満感がある)で、「中和」の適応になり、小柴胡湯、柴胡桂枝湯などの柴胡剤を用いる。

3)遲延期
 陽明病期(持続熱、全身同時発汗して発熱、腹満、便秘)で、「清熱」を目標として白虎湯、白虎加人参湯などの白虎湯類を用い、また「瀉下」を目標として大承気湯、調胃承気湯、などの承気湯類を用いる。

4)陰病期
 太陰病期・少陰病期・厥陰病期(脈沈、悪寒、熱感なし)で、新陳代謝を賦活するため、「温熱」の適応になり、麻黄附子細辛湯、真武湯などの温熱剤を用いる。

2.気管支喘息の漢方治療

(1)漢方医学における気管支喘息の疾患概念

漢方医学における喘息の発作機序を下図に示す。

 

 暴飲、暴食、過労などにより脾(広義の消化器系統)の機能が失調して、体内の水分の偏り、痰の生成が増加し、伏痰の形で肺に貯蔵される。さらに外感(風、寒、濕、熱)、肝(自律神経系統)の失調などが加わって、伏痰が上昇して肺を犯し、気道を塞ぎ、肺気の昇降失調を生じ、喘息の発作が出現する。その他、腎(泌尿、生殖、内分泌、副腎系統)は呼吸機能の調整作用を有するので、腎の機能も喘息発作に関係している。喘息の発作機序は漢方医学では、肺だけでなく、肝、脾と腎も関与し合い、さらに外感なども影響している。

(2)気管支嘆息の漢方治療の原則

1)急性期
 麻杏甘石湯、神秘湯、射干麻黄湯などの麻黄剤中心に用い、また橘皮枳実生姜湯、苓甘姜味辛夏仁湯などを使う場合もある。

2)寛解期
 小柴胡湯、柴朴湯などの柴胡剤中心に用いるが、虚証の場合は、補中益気湯、八味地黄丸などの方剤、精神不安、不眠などの精神神経症状がある場合、桂枝加竜骨牡蛎湯、甘麦大棗湯などの安神剤、さらにお血病態がある場合、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散などの駆お血剤を用いる。

3)気管支喘息における漢方治療の利点
 漢方医学は、気管支喘息に対して、西洋医学と異なった観点からの病態把握により、喘息発作の軽減、あるいは予防、ステロイド剤の減量・離脱を可能にすることがある。