院長 宮崎 瑞明

   
■略歴   宮崎 瑞明
1977年 台北栄民総病院インターン
1978年 高雄医学大学医学部卒業
  米国外国人医師認定試験(ECFMG)合格
  台北市立婦幼病院産婦人科医員
1980年 千葉大学医学部内科学肺癌研究施設入学
1982年 千葉大学医学部付属病院呼吸器内科医員
1987年 公立長生病院内科医長
  医学博士号(千葉大学)取得
1989年 千葉県市川市にて開業(内科、小児科、漢方)
1990年 米国胸部疾患学会上級会員(FCCP)
1992年 米国脈管学会上級会員(FACA)
1995年 千葉大学非常勤講師・Clinical Professor兼任 (2012年まで)
2004年 米国循環学会上級会員(FASA)  
2006年 本院、日本東洋医学会指定研修施設と認定  
2007年 中国広州中医薬大学客員教授就任  
2008年 東亜医学協会評議員就任 第18回漢方治療研究会副実行委員長担当
2009年 第15回国際東洋医学会学術大会準備委員担当
2010年 国際東洋医学会日本支部理事就任  
  第15回国際東洋医学会学術大会実行委員担当(千葉)  
2011年 第5回中国広州国際中医薬検討会学術委員担当  
2012年 国際東洋医学会国際理事就任  
  第16回国際東洋医学会学術大会と理事会出席(ソウル)
2014年 第17回国際東洋医学会学術大会と理事会出席(台北)  
2015年 第18回国際東洋医学会学術大会準備委員担当  
2016年 第18回国際東洋医学会学術大会実行委員担当と理事会出席(沖縄)
     
■資格    
日本内科学会認定医  
日本呼吸器学会専門医  
日本東洋医学会専門医・指導医  
日本臨床内科医会専門医  
   
■業績  
「民間便方抜粋」(共著 上海中医葯大学出版社)  
日本東洋医学会雑誌と漢方専門誌にて、原著を含む論文110数篇発表。 
西洋医学誌で呼吸器疾患と感染症を中心、論文30数編発表  
   
■漢方研究歴  
漢方医の父より中医学の基礎を学び、来日後、日本漢方医学研究所で漢方医学を学び、

1990年、日本漢方の権威 藤平 健博士(日本東洋医学会名誉会員・上海中医薬大学名誉教授・北京中医薬大学客員教授)に師事
1996年中華民国生薬学会総会招待講演(台湾国家科学委員会招聘)
2002年中華民国生薬学会総会特別講演。
2004年東亜医学協会<漢方学術奨励賞佳作賞>受賞。
2005年日本東洋医学会総会ワークショップ「併病と潜症」担当
2009年日本東洋医学会総会国際シンポジウム「世界から見た漢方」担当。
2012年台日傳統医学学術交流研究會特別講演(台中)
2015年日本東洋医学会千葉県部会指定演題
2015年国際中医薬学術論壇大会基調講演(台湾・高雄)
2016年国際中医薬臨床学術大会招待講演(台湾・新北市)
1993年より日本東洋医学会総会にて連続24年出題発表(持続中)